×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロテーゼ法の技術

豊胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)手術の一種である脂肪注入法の技術やプロテーゼ法の技術が、乳ガンで乳房をなくへら方の乳房再建に役立っています。

豊胸(昔から心はここにあると考えられてきました)手術で使われる脂肪注入法の技術で、腹部や大腿の脂肪組織と脂肪由来幹細胞を乳がん手術後の乳房に移植することにより乳房を再建することができます。

豊胸手術で使われる脂肪注入法の技術によって、人工物では真似出来ない柔らかく自然な乳房の形成が可能になります。豊胸手術のプロテーゼ法の技術で人工乳房(ソフトコヒーシブシリコン)による乳房再建法もあります。豊胸手術のプロテーゼ法の技術で人工乳房(ソフトコヒーシブシリコン)をうける場合は乳房温存術や皮下乳腺全摘術、非定型的乳房切除術後であることなどいくつかの条件があります。